祇園秀味会のホームページをご覧頂きありがとうございます。
 寛文十年、幕府による鴨川の改修事業以降、八坂神社への参道として 急速に賑わいをみせ、形づくられた町並、 それが祇園町の始まりといわれています。 現代においても、八坂神社をはじめ、南座・花見小路・歌舞練場などがあり 京都の中でも最も京都らしい場所として、たくさんの観光客が訪れます。 そんな中、祇園秀味会は今から35年前、祇園に飲食店を営む者たちが 集まり、祇園のこと、商いのこと…お互いに切磋琢磨することを きっかけに発足いたしました。 古い町並も多い祇園ですが、もちろん時代の流れによりどんどん変化しています。 私たちはそんな祇園の古き良きところを残しつつも、新しいことにも挑戦しながら 『食』をテーマに、より多くの方々に良き祇園町をしってもらうために 日々、努力をいたしております。  今後もさらなる祇園町の発展を目指し、会員相互の交流と親睦を図りつつ、 連携を深めていきたいと考えております。 皆様の絶大なるご支援、ならびにご協力を賜りますよう 心よりお願い申し上げます。

2011年度祇園秀味会会長  磯辺 元気